メールマガジン「中学受験 田中貴.com通信」のご案内

平成23年12月から中学受験 田中貴.com通信を月刊で発行します。
このメールマガジンでは、学校情報、塾情報、学習アドバイスなど、適宜 掲載してまいります。→見本
ご購読希望の方は以下より、ご登録ください。無料です。
塾に通わずに志望校に合格するノウハウも、適宜掲載しております。

なお、ご購読中止の場合も以下よりご送信ください。

田中貴.com通信登録フォーム


登録解除フォームはこちらから

学習管理のポイント

子どもが、どのような勉強を、どう進めているか、を管理することは中学受験ではある意味大事なことです。高校受験や大学受験であれば、それはもう本人がやるしかありませんが、小学生のうちは計画を立てて実行し、その成果を見る、みたいなことを本人が完璧にこなすことは難しい。したがって、やはりお父さん、お母さんの手伝いが必要なのです。

しかし、あまりに細かな計画を立て、その進捗状況を注意して、というような管理はお互いにストレスがたまることになります。子どももそろそろ自分でいろいろなことをやりたい年頃ではあるし、反抗期も始まるころなので、良い距離感を持っていないといけない。

計画を立てる時から、子どもと一緒に考えることが必要です。例えば塾ではどんな宿題が出ているのか、どの学校を狙うのか、今の現状はどうなのか、ということを勘案しつつ、本人がやる気をもって勉強するように仕向けていかなければならない。「これをやりなさい」と渡して、「やってないの?!」と怒ったところで、なかなかうまくいかないでしょう。

子どもの勉強の管理で最も重要なことは「知る」ことです。子どもが今どんなところに困っていて、その解決のために何をしているのか、を明確に知っている。知っていれば、あとは本人にある程度任せてその進捗状況を後から教えてもらえればいい。

それだけでも、子どもたちの勉強はよほど効率的になります。

実際に塾では「やりなさい」的なことが多く、みんながやっているから自分もやらなきゃ、みたいなことになりやすいわけですが、それが本人にとって効率的であるかというとそうではない部分も当然あるわけです。だから、そこの取捨選択をしっかり見極めた上で、やるべきことを絞り、なるべくならシンプルにして本人がやりやすいようにしてしまう。

例えば、この問題集を全部やる、といっても無理だと思うのなら、奇数番号だけやる、というような手も当然考えられるわけです。

勉強に充てられる時間は有限ですから、それをいかに効率化するか、やはりいっしょに考えてあげることがこれから重要になってくるので、そういう点を踏まえて力を貸してあげてください。

このゴールデンウィーク、ぜひこの後の学習計画をお子さんと一緒に作ってみてください。

力がつくかどうかが問題

塾に行く、行かない、というのは、それぞれ子どもの状況によって変わります。

例えば、塾が遠いが、合格すれば引っ越す、ということであれば、当然、通信教育やオンラインが準備の中心になるだろうし、また塾に通っていても、習い事との両立や、実際の成績で奮わない、ということであれば、やり方を再考する時が必要でしょう。

大事なことは、~でなければならない、というしばりをなくすことです。

中学受験をするにあたり、塾に行かなければならない、わけではありません。

ちゃんと合格する力がついていれば良いだけの話で、5人に1人は塾に行っていなかった、という話もあります。

我が家の状況、我が子の状態を考えて、何が一番良いのかを見据えていけば、自ずと道は見つかります。だから、~でなければならない、と考えないことが大事です。

速さとグラフ

速さは、6年生になったら、グラフで解くことを薦めています。

シンプルな問題であれば、別にグラフにこだわる必要はありませんが、ちょっと問題文が長い場合。

最初からグラフを用意してくれている場合でも、2人の間の距離の変化のグラフ、など、いわゆるダイヤグラムとは違うグラフが出ていることも多いのです。

だから、まずはダイヤグラムを描いてみる。

そうすると、問題文の条件を視覚化することができるので、わかりやすいくなります。

さらにここで、同じ時間を動いているところ、あるいは、同じ距離を動いているところに着目すると、速さの比を見つけやすい。

グラフを描くのに時間がかかるから、それをやらない子も少なくないのですが、こればかりは慣れで、そうやって解く練習をしていると、グラフを描くのにそれほど時間がかからない。

また、問題文の条件を見落とすことが少なくなります。

これでわかる速さでは、グラフを使って問題を解くやり方を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

勉強の内容を吟味するとき、オンラインを検討してください。

これから、いろいろ勉強の内容を吟味する機会があるでしょう。

個別指導をつけるとか、学校別対策をスタートさせるとか。

そういうとき、ぜひ一度オンラインを検討してみてください。

オンラインの良さは、やはり通塾の負担が増えないこと。

これは結構、後半に効いてきます。通塾はやはり子どもたちの体力を奪うので、結構大変になる。

しかしオンラインで自宅で勉強できると、そのロスがなくなります。

~中学対策、オンラインでぜひ検索してみてください。

オンライン個別指導が便利

コロナ禍から、オンライン個別指導が広がりました。

ZOOMなどのWEB会議システムを使って、個別指導を行うわけですが、コロナ禍では集合授業でも行われていましたが、実は個別指導が非常に相性が良い。

まず第一に、指導する側のPCを画面共有することができる。

WEB学習システムを使って、問題を解いたあと、答え合わせや解説をすることも可能ですし、WEBでいろいろな写真や図を見せることができる。

子どもたちに生物の指導をするときは、とても便利です。

それ以外にも、時事問題の写真やグラフなども共有できる。指導する側が見て確認しながら、表示させるので、問題はありません。

一方、過去問などを解いて、それをメールで送ってもらうと、あとは添削して、画面で共有できる。

なぜ、この式がいけないのか? どうしてここを間違えているのか、など、実に簡単に説明できます。

しかも、子どもたちは通塾することなく、自宅で受けられるし、時間の自由も利く。

これからはオンライン個別指導を利用されると、さらに勉強の効率が上がっていくでしょう。

偏差値の高い学校が良い学校というわけではない

受験後半では多くの方が利用する偏差値表があります。

縦軸が偏差値、横軸が受験日という表ですが、使い方には注意が必要です。

これは大人でもそうですが、上の学校ほど「良い」学校と思い込んでしまう傾向があるからです。

入学が難しいというのは、その通りでしょうが、しかし、それが子どもにとって良い学校であるとは限らない。

偏差値が高くて「悪い」学校があり、偏差値が低くて「良い」学校があるのです。

例えば非常に校地が広くて、なかなか子どもたちの管理が大変な分、生徒が伸び伸びと育っている学校と、校地が狭くて子どもをかっちり管理した結果大学受験の結果を伸ばしている学校があるとします。

後者の学校の方がお母さんには人気があるでしょう。その分、偏差値は高くなりやすい。

しかし子どもの大切な6年間がただ受験準備のためにあるのは、あまり感心できる話ではありません。むしろそれ以外の魅力が前者の学校にはあるかもしれません。そういうところはこの表には出てこないのです。

問題は「その学校が子どもにあうか?」という問題です。

偏差値が高くても「合わない」学校に行くと子どもにとっては大変でしょう。下手をすると不登校になってしまうし、いったん外れてしまうと公立ほど手厚くはありませんから、大変苦労することにもなりかねません。

この表はひとつの参考にして、学校選びは自分の目でしっかり学校を見据えて「わが子に合うか?」を考えて選んでください。

個別指導は高い

というのは、道理と言えば道理でしょう。

1人の先生が15人教えるのと、1人を教えるのでは違います。

でも、コストはいろいろ下げる工夫ができるのです。

オンライン個別指導に踏み切った理由はいくつかありますが、やはりコストを下げられるのが大きい。

教室がなければ、そのコストも要らないわけで、教室がある個別指導と費用が違って当然なのです。

だから、個別指導もしっかり見積もりを取ってみられることをお勧めします。

いろいろ工夫してみれば、そこまで高くはならないものですから。

個別だけでも充分に合格する

以前、集合塾にいたときは、個別だけではなかなか合格しないのではないか、と思っていました。

集合塾は、いろいろな子どもたちがいるので、それが刺激になる部分はあるし、一緒に合格しようね、と言い合ったりできる良さはあるのです。

しかし、やはり集合塾は最大公約数的に授業を進めるところがあり、その子、その子に必要なことができるかといえば、そうではない。

一方個別指導は、そこに集約できるところがあるので、それだけやれば、ちゃんと合格するのです。

集合授業の塾と、個別指導の塾の先生の言い争いは過去から、随分聞かされてきたが、しかし、まあ、結局はお互い、相手のことは良く知らない、ということなので、子どものニーズに合わせて作っていけば良いだけの話。

個別だけで合格する子どもたちは、近年増えています。

まあ、それだけ集合授業でやらなければいけないことが増えて、やりきれなくなった子どもたちが方向転換した、ということなのでしょうが。

同じ問題を繰り返す意味

WEBワークスは、同じ問題を出してくる部分と、全く違う問題を出してくる部分があります。

で、レギュラーコースは、テキストと連動しているので、出てくる問題は、基本的に同じ。

だから、できなかった問題をやり直すことはできます。

ここが、結構大事なところ。

できなかった問題をやり直すから、できるようになる。

できる問題は、良いので、あとはできなかった問題をどうするか。

システムはそこにエネルギーを集中できるように作られています。

やらなければいけないことを全部書き出してみる

あれもやんなきゃ、これもやんなきゃ、と何となく不安な気持ちになることがあるかもしれません。

特に成績が悪かったりすると、「別のことをやらないといけないのでは?」と考えがちです。

もちろん検討することは大事。

なので、全部書き出してみましょう。

子どもたちと一緒に。

結構、子どもがやらないといけない、と思っていることに大事なことが含まれている場合もあります。

その上で、もう一度重要度を決めていく。

持ち時間には限界がありますから、その中で優先順位を決めて割り振っていくしかありません。

で、それ以上のことはできないのだから、あとはこれで行けるところに行く、という割り切りは必要です。